ThinkPad X1のメモリ交換方法

ec01

ThinkPad X1のメモリ交換、増設方法です。
なお、ThinkPad X1はメモリスロットが1つしかないため、増設ではなくメモリを入れ替える必要があります。


ThinkPad X1は薄くウルトラブックライクに作られているので、拡張性や整備性では他のThinkPadにやや劣ります。

最大メモリ搭載量は8GB。メモリスロットは1スロットとなります。
すでに4GBのメモリを搭載している場合、8GBメモリと交換となります。

作業の流れ

X1はメモリスロットがシステムボード上にあるため、作業はすこし面倒です。
以下の流れで作業を進めます。

  • キーボードの取り外し
  • メモリの交換
  • キーボードの取り付け

なお、作業難易度は高くないので、落ち着いて行えば心配ありません。

キーボードネジの取り外し

まずは本体をひっくり返し、キーボードを固定しているネジを取り外しましょう。
赤丸で囲ったネジを全て取り外します。

DSC_0091_02

ネジは小さいので紛失しないように気を付けて下さい。

キーボードを取り外す

ネジを外したら、本体をひっくり返してキーボードを取り外しましょう。
キーボードを押さえながら、ディスプレイ方向にスライドさせます。

DSC_0044_02

すると下側に隙間ができるので、そこから爪などでゆっくりとキーボードを浮かせましょう。

DSC_0089_02

こんな感じでキーボードが浮き上がります。

DSC_0046_02

浮き上がったらキーボードを持って、写真のような感じでパタンと裏返しにしましょう。

DSC_0049_02

DSC_0053_02

キーボードはシステムボードに薄いペラペラ配線で繋がれています。
乱暴に扱うと破損しますので、丁寧に作業を行なってください。

なお、システムボードとの配線は繋げたままでOKです。
メモリの交換であればキーボード配線は取り外す必要はありません。

メモリスロットへのアクセス

システムボード上部分やや左よりにメモリが装着されています。
このメモリを取り外し、新しいメモリと交換します。
なお、静電気には注意してください。バチッとなると最悪破損もありえます・・・。

DSC_0067_02

メモリの取り外し

まずは両サイドに金属製のストッパーがあるので、それを取り外します。
両手で外側に押し広げるようにすると、パチンとロックが外れます。

DSC_0067_03

両端のストッパーが外れると、メモリが浮き上がります。

DSC_0068_02

そのまま手前に引っ張りながら取り外しましょう。

DSC_0073_02

これでメモリが外れました。

メモリの取り付け

メモリを挿す場合は、取り外しと逆の手順で取り付けを行います。
切欠きを合わせ、斜め上方向からメモリをスロットに挿し込みます。

DSC_0079_02

そのまま押しこむと、端子部分がグイッと奥まで入っていきます。

DSC_0075_02

キレイに入ったら、そのままメモリを押し下げましょう。
両サイドのストッパーがパチンとはまります。

DSC_0083_02

これでメモリの交換はOKです。

キーボードの取り付け

キーボードを取り外した逆の手順で取り付けていきます。

キーボードを起こして・・・

DSC_0049_03

ディスプレイ方向に押しこみながら、本体に取り付けます。

DSC_0086_02

DSC_0089_03

あとはキーボードを押しながら下方向にスライドさせ、パームレストとの隙間を無くします。

DSC_0089_04

背面ネジの取り付け

本体をひっくり返し、背面のキーボードネジを取り付けましょう。

DSC_0091_02

これで作業は完了です。

最後にThinkPad X1を起動して、メモリがキチンと認識されているか確認しましょう。

x1wie01

何かトラブルがある場合、もう一度作業内容を見直しましょう。
よくあるトラブルとしては、メモリの挿し込みが甘く認識されない、起動しないなどがあります。

何もなければ無事成功です♪
以上、ThinkPad X1のメモリ増設・交換方法でした。



Comments are Closed

© 2017 ThinkPadWeb | Design Theme by: D5 Creation | Powered by: WordPress
Top