ThinkPadのバッテリーをリフレッシュする方法

ec01

ThinkPadのバッテリーをリフレッシュ(リセット)する方法です。
リフレッシュすることにより、バッテリーの劣化症状を改善することができます。

バッテリーを長く使っていると、内部ゲージが消耗・劣化し充電容量や駆動時間が短くなってしまいます。
そんな時はバッテリーをリフレッシュしてみましょう。
症状が改善できる場合があります。

バッテリーリフレッシュの方法

「省電力マネージャー」からバッテリーのリフレッシュが行えます。
なお、時間がかかるので急いでいるときはオススメしません。
余裕のあるときに行いましょう。

リフレッシュの手順

Step.1

まずはタスクバーの「バッテリー省電力メーター」をクリックし、「省電力マネージャーを起動する」を選択します。

img01

img01a

タスクバーに「バッテリー省電力メーター」が表示されない場合は以下をご覧ください。

Step.2

省電力マネージャーが起動するので、右上のビューの切り替えから「アドバンスへ」をクリックします。
なお、省電力マネージャーはバージョンにより画面が異なりますので、ご自分の環境に置き換えてご覧ください。

img06

Step.3

アドバンス画面が表示されます。
こちらの「バッテリー」タブをクリックします。

img02

Step.4

「バッテリーのメンテナンス」をクリックします。

img03

Step.5

「リセットの実行」をクリックします。

img04

Step.6

確認のダイアログが開くので、「続行」をクリックします。

img05

あとは処理が終わるまで待つだけでOK。
バッテリーのリフレッシュが完了します。

ちなみに、直接「充電モード/充電のしきい値の変更」からバッテリーのメンテナンス画面を開くこともできます。

img01b

症状が改善しない場合

リフレッシュを行っても症状が改善しない場合、バッテリー自体の寿命の可能性が考えられます。
その時は素直に新品と交換しましょう。

バッテリーの寿命

バッテリーは新品から1年経過すると、充電容量は70%程に低下します。
どんなに大事にバッテリーを使っていても劣化は避けられません。

メーカーにより寿命の定義は異なりますが、おおよそ2~3年、もしくは充電容量が新品時の50%に低下した時点で寿命と判断する場合が多いようです。
リフレッシュしても改善しない、すぐにバッテリー切れになる場合は新品と交換しましょう。

以上、バッテリーをリフレッシュする方法でした。



Comments are Closed

© 2017 ThinkPadWeb | Design Theme by: D5 Creation | Powered by: WordPress
Top