ThinkPad X200を英語キーボードに交換しました。

ic_06

ThinkPad X200のキーボードを、日本語キーボードから英語キーボード(NMB製)へ交換しました。


日本語キーボードでも不満はなかったのですが、英語キーボード(US配列)に興味があったのと、時々スペースキー周りの妙な変換キーに触れてしまい、入力モードが変わるのが嫌だったので交換してみました。

購入したキーボード

こちらが購入した英語キーボードです。

キーボードの交換方法はこちらで詳しく解説しています。

thinkpaduskey02

打ち心地に定評のある、NMB製の英語キーボードです。

thinkpaduskey03

日本語が印刷されておらず、見かけもスッキリです。

thinkpaduskey04

裏から見た図。う~ん、新品は裏面もピカピカで気持ちがいいです。

thinkpaduskey05

Chicony製でもよかったのですが、せっかくなのでNMB製を購入してみました。

thinkpadkey06

横から見た図。日本語キーボードも英語キーボードも、構造は変わりないようです。

thinkpadkey07

X200に装着してみました。う~ん、やっぱり日本語キーボードと違ってスッキリしています。
無駄なキーがないので、そこもGOODです。

thinkpadkey08

スペースキー周りの妙な変換キーがなくなり、タイプミスも減りそうです。
エンターキーも横長くなり、ホームポジションから離れずに押すことができます。

thinkapdkey010

日本語キーボードと比べ、配置が違う箇所があるので”慣れ”が必要ですが、使いやすいです。
@マークの位置が「2」の位置にあるのは、個人的にとってもタイプしやすく感じました。

ちなみに、英語キーボードで日本語を入力するには「Alt」+「~」で変更できます。
タイピングした感想ですが、日本語キーボードよりも、押し心地が固い気がします。
私はこの固さは好きです。
若干ですが、日本語キーボードってフニャフニャ感があったので。

英語キーボードはシッカリしていて、キーを押すたびに気持ちがいいです。
日本語キーボードは「ペチペチペチ」って感じの打ち心地。
NMB製の英語キーボードは「ポコポコポコ」って感じです。
・・・抽象的でスミマセン。

これがChicony製だったら、もう少し柔いのかな~?
時間があれば検証してみます。
あ、それと英語キーボードに交換した場合、ドライバの設定をしてあげなければいけません。

日本語キーボードから英語キーボードに交換した場合の、ドライバ設定方法

ってことで、英語キーボードの感想でした☆



One Comment to ThinkPad X200を英語キーボードに交換しました。

  1. joe より:

    はじめまして。
    ThinkPad の本体キーボード交換 (日 > 英) に思うところがあり、Google からやってきました。
    交換作業等についての細かな説明、有り難く読ませて頂きました。
    ちょっといやらしい質問になってしまいますが、交換用キーボードの購入費用、どの程度でしたでしょうか。
    私の ThinkPad は T430s (CTO) で、lenovo サポートから電話でたらい回されて辿り着いた、スマートセンターのパーツ販売窓口に見積もりを頼んだところ、米国英語キーボード (メーカー不詳) が九千円足らず、さらに二千五百円程度のアウトバウンド手数料とやらで、計一万円越えになってしまいました。
    CTO 時の選択肢では、日英キーボード (バックライトなし) の違いはおそらく千五百円程度の物だったので、何かの間違いでは…と、躊躇しております。
    参考までに、本記事を書かれた際の購入元や費用等、おおよそどのような感じだったかお教え頂けますと幸いです。

© 2017 ThinkPadWeb | Design Theme by: D5 Creation | Powered by: WordPress
Top