ThinkPad T520のメモリー増設・交換方法

ic

ThinkPad T520のメモリーを増設・交換する方法です。
T520は最大8Gのメモリーを搭載することができます。


メモリースロットは背面に1つ、システムボート上に1つあります。
背面のメモリースロットが空いている場合、メモリーを挿すことにより増設することができます。

DSC_0248背面メモリースロット
DSC_0259システムボートメモリースロット

両方ともメモリースロットが埋まっている場合、どちらかのメモリースロットもしくは両方のメモリースロットに、より大きなメモリーを挿す必要があります。
ただし、ThinkPad T520の仕様上最大8Gまでしかメモリーを積むことができません。

通常、システムボードのメモリースロットが埋まっていて背面スロットが空いている場合がほとんどです。
まずは背面スロットを開けてみて、空いているようであればそこに増設しましょう。

背面スロットにメモリーが装着されている場合、より大きなメモリーへ交換することにより増設できます。

私の場合はシステムボードに2G、背面スロットに2Gの計4Gのメモリーを搭載しています。

背面スロットへメモリを挿す

まずはThinkPadのバッテリーを取り外しましょう。
バッテリーを外し忘れると、作業中にバチッてなる場合があります。

DSC_0245

次にThinkPadをひっくり返し、赤で囲まれたネジを取り外します。
取り外したネジは無くさないように気をつけましょう。

DSC_0247

背面メモリースロットのフタのネジを取り外しましょう。

DSC_0278

ネジを取り外しフタを開ければ、背面のメモリースロットにアクセスできます。
ここに増設するメモリーを挿しましょう。

DSC_0274

差し込むときには、斜め方向からメモリーを差し込みます。

DSC_0275

メモリーは非常にデリケートなので、静電気や破損に気を付けて作業を行いましょう。
少し強めに斜めから押し込むと、端子の部分がグイッと入っていきます。

キチンと入ったら、そのままメモリーを下に押しましょう。
両端の金属のストッパーがパチンとはまり、メモリーが固定されます。

DSC_0252

あとは元通りにフタを閉め、バッテリーを装着するとメモリーの増設・交換作業は完了です。

DSC_0256

最後にThinkPadを起動し、キチンとメモリーが認識されているか確認しましょう。

paint02


システムボートスロットへメモリを挿す

システムボートのメモリースロットにアクセスするには、キーボードを取り外す必要があります。

まずはバッテリーを取り外しましょう。
バッテリーを装着したままの状態で作業を行うと非常に危険なので、必ず取り外してください。

DSC_0245

次にキーボードを取り外すためのネジを外します。
赤で囲まれたネジを外して下さい。

DSC_0247

次に背面メモリースロットのフタを開けます。
赤で囲まれたネジを取り外しましょう。

DSC_0278

フタを開けたら、もう1箇所ネジを取り外しましょう。
赤で囲まれたネジを外します。

DSC_0249

次にThinkPadをひっくり返し、キーボードを取り外します。
少し強めにキーボードを押さえながら、上方向へスライドさせてください。
キーボードの手前側に隙間ができるので、そこを持ち上げるとキーボードが浮き上がります。

DSC_0250

キーボードの背面にはシステムボートと繋がったペラペラの配線があります。

DSC_0253

とても薄いので、破損しないように気をつけながらキーボードを持ち上げましょう。

ペラペラの配線をシステムボートから外すと、キーボードを取り外すことができます。

DSC_0255

キーボードの配線の左側に、半透明のフィルムがあります。

DSC_0256

ここを少しめくると、メモリースロットが現れます。

DSC_0257

メモリーは非常にデリケートなので、取り外す場合は静電気や破損に気を付けて作業しましょう。

まずはメモリーの両端に金属製のストッパーがあるので、それを取り外します。

DSC_0259

外側に押し広げるようにすると、パチンと外れます。

DSC_0266

両端のストッパーが外れると、メモリーが浮き上がります。

DSC_0260

そのまま慎重に引っ張りながら取り外しましょう。

DSC_0263

メモリーを挿す場合は、取り外した逆の順で装着します。

まずは斜め方向からメモリーを挿します。

DSC_0262

そのまま押し込むと、端子部分がグイっと入っていきます。
キレイに入ったら、メモリーを下に押しましょう。
ストッパーがパチンとはまります。

DSC_0257

あとは逆の手順でThinkPadを組み立てていきます。

半透明のフィルムを戻して・・・

DSC_0267

キーボードを取り付けて・・・

DSC_0272

メモリスロットのフタ、ネジ類をすべて閉めます。

DSC_0277

DSC_0279

最後にバッテリーを装着すると作業完了です。
ThinkPadを起動して、メモリーがキチンと認識されているかを確認しましょう。

paint02

以上、ThinkPad T520のメモリー増設・交換方法でした。



Comments are Closed

© 2017 ThinkPadWeb | Design Theme by: D5 Creation | Powered by: WordPress
Top