綺麗に仕上がるThinkPadの掃除方法

ec01

ThinkPadといえば天板のピーチスキンが特徴ですが、長年使っていると汚れてきたり独特の手触りが失われたりします。
でも、激落ちくんを使って掃除するだけで、あら不思議!一発で新品同様のピーチスキン天板が復活します。

ビフォーアフター

購入した時は綺麗だったThinkPad X1も、使い続けるうちに徐々に傷や汚れが目立つようになってきました。

DSC_0319

汚れが目立つThinkPad。

小さな子供のいる家庭では勝手にパソコンに触って汚したり、破壊したり・・・なんてこともあるはずです。
特に天板は汚れも目立ち、ボロっちく見えてしまいます。

そんな時は、天板を掃除して新品同様のピカピカにしてみましょう!
激落ちくんを使えば、ここまで綺麗にすることができます。

DSC_0335

新品同様に復活した天板

掃除方法

掃除方法は簡単!
激落ちくんを小さくちぎって、水で濡らしゴシゴシするだけです。
でも、やりすぎは注意。綺麗に仕上げるにはちょっとしたコツが必要です。

DSC_0323

激落ちくんでゴシゴシ!

用意するもの

  • 激落ちくん
  • 乾いたタオル
  • ThinkPad本体

はじめに

まずはじめに、ThinkPad本体の電源を落とします。
バッテリーも取り外しましょう。

X1は一体型なのでバッテリーは取り外せませんが、取り外し可能な機種は必ずバッテリーを外してから作業してください。

激落ちくんをカット

激落ちくんを程よい大きさにカットしましょう。
大きさは適当でOKです。

DSC_0324

激落ちくんを水に濡らす

カットした激落ちくんを水に濡らしましょう。
絞って水気を切るのですが、あまり絞り過ぎないように注意します。

程よく水気がある状態が望ましいです。軽く握る程度にしましょう。

DSC_0325

これくらい水分を含んでいたほうが、綺麗に仕上がります。

天板を磨く

濡らした激落ちくんで天板を磨きます。

DSC_0326

あまり力を入れず、軽めに磨くようにしましょう。
強くやり過ぎると塗装を傷める可能性があります。
感覚としては消しゴムをかける感じでOKです。

DSC_0328

タオルで拭きあげる

磨き終わったら、乾いたタオルで仕上げます。
丁寧に水分を拭き取りましょう。

DSC_0329

仕上がり

うまく磨ければ、こんな感じに仕上がります。

DSC_0330

深い傷などは残ってしまいますが、それでも綺麗です。
ピーチスキンの手触りも復活し、まるで新品!
激落ちくんだけでここまで綺麗になるので、コストパフォーマンスも抜群です!

DSC_0331

DSC_0332

天板以外も磨けますが・・・

天板、パームレスト、背面、キーボードなどを磨くのはOKですが、コーティングが施されているパーツを激落ちくんで磨くのはNGです。

例えばX1ではディスプレイにゴリラガラスコーティングが施されています。他の機種ではドラゴントレイルなどもあります。
これらを激落ちくんでゴシゴシするのはダメージを与えますので、やらないように気をつけましょう。



Comments are Closed

© 2017 ThinkPadWeb | Design Theme by: D5 Creation | Powered by: WordPress
Top